ON PAPER

会期:2024年2月15日(木)-2月28日(水)

休廊日:2/18,19,26

この度、TAKU SOMETANI GALLERYでは昨年に引き続き、紙を媒体として表現活動を展開している作家を集めたグループ展「ON PAPER」を開催いたします。

企画展 ON PAPERは、紙を媒体に様々な表現を試みるアーティストの作品を紹介する企画展です。

紙という素材を使用しその特性を生かした様々な表現に触れることが出来る貴重な機会です。

是非この機会にご高覧頂けると幸いです。


出展予定作家

やましたあつこ

作家活動初期より一貫して”邪魔の無い幸せ”をテーマに精力的に発表を続けています。近年では樹木性愛者を意味するdendrophiliaをタイトルとした作品を発表し多様な幸せの在り方を追求しています。キャンバスに油彩から近年では和紙に岩絵の具、ペン、色鉛筆など様々な描画材を使用し色彩豊かな作品を国内外で発表しています。

https://www.instagram.com/siatsuko/

https://x.com/siatsuko?s=20


多田恋一朗

ソーシャルメディアが発達した現代では、私たちは顔が見えないコミュニケーションから、自分が受容した情報を頼りに相手の人格や人となりを形成しています。そのイメージはもちろんその人の全てではないが、作家自身にとってはよりリアルなものでありえます。代表作の一つである「君」シリーズは、表情のない人物の顔が大きく描かれた作品で、多田は19歳頃からこの人物像を定期的に描き続けています。描かれる人物は少女のようにも見えるが、明確なモデルがいるわけではなく、記憶と経験が頭の中で熟成され、抽象的な「君」の顔がキャンバス上に抽出されています。本展では、紙にドローイングされた作品を展示いたします。

https://www.instagram.com/tadakoiichiro/?hl=ja

https://x.com/tadakodx?s=20


田沼利規

銅版画を中心に作品を発表していましたが、近年では紙やキャンバスなど様々な支持体に油彩で描かれた作品を発表しております。作品の特徴としては絵画の正面性を追求し、緊張感のある力強い抽象的な作品を制作しています。今回の展示では制作過程における思考の変化を表現した立体作品を初めて展示致します。

https://tanumatoshinori.com/

https://www.instagram.com/tanuma.toshinori/?hl=ja


福嶋幸平

地図アプリケーションを使った「maps」や画像検索を用いた「images」、スマホのパノラマ機能を使った「cubism」といった、人々が普段接するテクノロジーとそれが生みだす環境の変化を「風景写真」として作品化。日常風景に溶け込んだテクノロジーの異質性を提示した作品を発表しています。
また、近年では「extend scape」「street」というシリーズを発表し、これまでの作品ではテクノロジーによって移り変わる風景を受動的に捉えてきましたが、「extend scape」や「street」では風景への介入という新たな試みを行っています。

http://koheifukushima.com/

https://x.com/koheifukushima?s=20


縣健司

縣は、2016年以降、東京での暮らしや仕事の取材旅行のなかで偶然出会った、ありふれた光景を映した写真に、編集ソフトで形のずらしといった操作をほどこし、異化された日常、現実と夢のはざまの景色を作品化してきました。近年ではメタバース上で個展を開催し新たな可能性を追及しています。

https://www.instagram.com/kenji_agata/


北村早紀

木版画技法をルーツに、主に人物をモチーフとした作品を制作しています。
昨年当ギャラリーにて開催した個展では、所有者を失った個人の古写真の像の上に木版表現を重ねたシリーズを発表するなど、新たな表現に挑戦し続けています。

https://www.kitamurasaki.com/

https://www.instagram.com/kemrsk927/


内田麗奈

ベロア生地のカーテンに油彩し窓を想像させる作品を中心に発表しています。昨年、絵画の起源とされる洞くつ壁画を題材にしたクロマニヨン人の主人公レイナが様々な困難にぶつかりながらも、画家として成長していく物語を鉛筆で描かれた漫画「はじまりはクロマニヨン」を出版しました。

https://reinauchida.wixsite.com/reinauchida

https://www.instagram.com/reina_u017/

https://www.instagram.com/hajimariwa_cromagnon/


愛甲次郎

日本画の技法をベースとし、雲肌麻紙を支持体に、鉛筆、墨を用い、独自な表現を試みています。それらの画材は、とても繊細で壊れやすい性質を持っていますが、描かれた作品からは鑑賞者を強く惹きつける力強さを感じます。人が持っている機微や繊細さと外部に対する頑固な鎧や攻撃性が現れているようにも感じます。

https://www.instagram.com/jiro_aiko/


酒井建治

シルクスクリーン、ペインティングを中心に、立体作品を含め様々なメディアを横断し表現の幅を広げています。また、2022年より2023年まで東京・半蔵門のギャラリーMATTERを主宰するなどキュレーターとしても活躍し数多く紹介するなど活動は多岐に渡っています。今後の活動に最も注目が集まっている若手作家の一人です。

https://www.instagram.com/kenjisakai_87/

Translate »