Yuma Yoshimura solo exhibition「この部屋から見る宙」

kage /2019/
acrylic ink, aerosol paint, grease pencil on sawdust putty and aluminum mounted on wood
665×738×30 mm

Yuma Yoshimura solo exhibition

この部屋から見る宙
2019年11月30日(土)-12月15日(日)
オープニングレセプション:11月30日 17:00-19:0
開廊時間:13:00-19:00
月曜休廊

〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-4-1 Bakurocactus 4F


この都度、弊廊では2回目となるYuma Yoshimura個展「この部屋から見る宙」を開催いたします。Yuma Yoshimuraの作品は、白と黒、静寂と喧騒、光と闇や疎外と連帯など、相反する事からの着想や、“空気感を描く事”を意識して制作しています。
今回の個展では、インスタレーションを含む新作を発表致します。
是非、この機会にご高覧ください。


・アーティストステートメント
“この部屋から見る宙”
巡り合う事、そして関わり合う事とは何だろう。
今年に入り今更ながら沢山考えた。視野を広げるため、そして自分に足りない視点を探るため、大嫌いな読書や語学勉強、制作とは全く違う仕事を始めるなど、生活に変化を入れながら、少しづつ自分自身に距離を置くようにした。
色々な角度から世間、そして自身を見つめ直す事、自分の内にある抱えきれない他者との情景を一つ一つしっかり受け入れる事。また出来るだけ物事をシンプルに捉え解釈する事。
そんな事を意識的に行っていく中、徐々に前進する為の術が浮き彫りになっていった。それは、有限の世界に自分自身を置くと仮定し、無限の内面世界からその有限の外界を俯瞰的に見る事である。そうする事で自分の置かれている状況を含め、多角的に全体像を見渡して把握する事が出来るのだ。
つまり意識的に外界の何かに触れ、客観的にその状況を見つめる事で、外界は内面世界に姿を変えて宙のように無限の広がりを見せる。同時に、その内面のどこかに有限の外界が新たに作られる。私達はそういった事を永遠に繰り返しながら、巡り合い、関わり合っているのではないだろうか。
こうして見え始めた情景が“the inscape portrait-本質肖像”シリーズ、チャプター1の“この部屋から見る宙”である。


この部屋から見る宙。
未だに慣れない朝の改札口近辺。
行き交いながらぶつかり合う私達の静かな戦い。
関わっては飛び散っていく私とあなたのかけら。
心象の中で巡りあい、社会の中に残される私達と“彼ら”の痕跡。
交錯する事で現れるかつての情景。
それは私達が生きるための形状。
それはあなたと私と“彼ら”のかけら。
もつれあう事で形作られる新たな情景。
それは果てしない形状、集めきれない粒子。
それは私達の部屋から見るそれぞれの眺め。
この部屋から見る宙は
飛行機から見渡した黄土色の地形図
隙間から覗き見る15センチの空気色
徹夜明けの眠たい青
混み合う改札口のモノクローム
この部屋の境界線上の窓際から、私達は限りない“彼ら”を見続けている。

‘’The infinite from empty room’’
What would it mean to be involved in or to relate to something in this world?
The question made me think a lot this year. To get the answer and to keep the distance from myself, I
brought in new tasks to my daily life like reading and language study, apart from my field work. This change
made me to widen my viewpoint.
To re-view myself and the society from various viewpoints.
To re-examine one by one scenery with others from my past.
In same time to grasp an incident in simple way as much as possible and to interpret it.
Living consciously with above rules, a technique to proceed my life started to show up. I postulate myself in
a limited world, and see the limited world with bird’s eye view from my unlimited inner world. This helps
me to see a whole situation from various viewpoints including my position in this world.
In another word, the outer world turns into the inner world and spreads unlimitedly like a space by
experiencing something in outer world consciously and perceive it objectively. I guess that we get involved
in and come across and repeat this process forever and a day.
This scenery is a new series of my work ‘ ’ the inscape portrait ’ ’ , chapter 1 ‘ ’ The infinite from empty
room’’.
The infinite from empty room.
The train ticket gate in the morning, which is always new for me.
The impassive battle between them by crossing by.
We come across and scatter as pieces.
We meet in our inner world and leave our and ‘’their’’ traces in this society.
We cross and then the sceneries in the past come up.
They are the forms of our life.
They are the pieces of you, me and ‘’them’’.
We cross deeper and form new sceneries.
They have no limitation and are the overflowed particles.
They are each shot from each our room.
The world from this room is
An ochre topographic map seen from airplane
A color of air looked through a 15 cm gap
An unrefined blue color after an all night
Monochrome at busy ticket gate
We keep on watching unlimited ‘’them’’ from a window side, which is on the border from empty room.


・作家略歴
Yuma Yoshimura
1980 年東京生まれ。多摩美術大学絵画学科版画専攻卒業。
・主な展示
(主な個展)
2018 “reflection in a squale” TAKU SOMETANI GALLERY (東京)
2017 “beyond the shapes” CALM & PUNK GALLERY (東京)
2013 “The Burning Silence” Montana Gallery Barcelona (バルセロナ/スペイン)
2011 “YIN AND YANG is IN TO YOU” A Word of Art (ケープタウン/南アフリカ)
(主なグループ展)
2019 “ARTS CHALLENGE 2019″ Aichi Arts Center (愛知)
2015 “Hidden Champions of Tokyo” Backwoods Gallery (メルボルン/オーストラリア)
2013 “The 8th Vladivostok Biennale of Visual Arts” (ウラジオストク/ロシア)
2012 “STROKE – Urban Art Fair 2012” Open Walls (ベルリン/ドイツ)
2011 “i art sa community mural project,” (ヨハネスブルグ/南アフリカ)
(アーティスト・イン・レジデンス)
2011 A Word of Art, Ricky Lee Gordon (ケープタウン/南アフリカ)